ベルタ酵素の効果を夏までに出したい

熱に弱い酵素だけどベルタ酵素ドリンクは温かい飲み物と合わせても大丈夫!

酵素ドリンクって熱に弱いというイメージがありますよね。実際はどうなのでしょうか。

ベルタ酵素ドリンクの特徴から調べてみました。

ベルタ酵素は熱に強い腸に良い成分が入っている

ベルタ酵素ドリンクという商品には、エンザミンという発酵代謝エキスが高配合されているのだそうです。このエンザミン、実は熱にも酸にも強いという特徴があります。そして低分子化されて吸収されやすい成分でもあるので、腸に直接働きかけ、免疫を高めたり、酵素やホルモンの働きを補助してくれるのです。

酵素だけなら熱による殺菌処理で構成が変わり、本来の働きが変わっている可能性もあるので栄養にしかならない気もしますが、エンザミンは熱によって働きが失われることもなく、体内で酵素の働きを活性化させてくれるのです。そのため、温かな飲み物で割って飲んでも大丈夫なのです。

ベルタ酵素という商品の7つの特徴

ベルタ酵素は、ダイエットパックを購入すればベルタこうじ生酵素というサプリメントもセットでついてきます。こちらは熱処理する必要のないものですので、その名の通り生のままの酵素が622種類も入っているのです。

ドリンクではエンザミンが協力に働き、サプリではたっぷりの種類の酵素を摂取できます。その二つの相乗効果で体にとても良い変化を与えてくれるのです。そして他にも次のような嬉しい特徴があります。

特徴1.エンザミンが配合されている
特徴2.野菜、果物、野草の数が他社よりも格段に多い
特徴3.希少な馬プラセンタも配合されているので美容効果がある
特徴4.コラーゲンペプチドも配合されて美容効果に期待が持てる
特徴5.脂質ゼロで美味しいピーチ味を実現
特徴6.1食あたり113円というお得な定期便パックがある
特徴7.専任のスタッフがお客様をサポートしてくれる

さらに、サプリメントには乳酸菌が配合されているとか、コエンザイムQ10、スーパーフードやザクロなどの美容と健康に良い成分が配合されているなどの特徴もあります。ドリンクよりも美容成分が多いのが嬉しいですね。

ベルタ酵素の恩恵を余すところなく受けるには

温かい飲み物と合わせて飲んでも大丈夫なほど優れた成分が入っているベルタ酵素ドリンク。そして、山ほどの種類の生酵素を配合したサプリメント。

この両方が割引価格で購入できるダイエットパックの定期便は、実に効率よく美容と健康を得るために考えられている商品です。

ベルタ酵素の効果をしっかり得たいならば、ドリンクとサプリがセットになっているものを買うほうが効果を得やすいのではないでしょうか。

ベルタ酵素の効果的な飲み方を知ろう!楽して美容効果も可能?!

ベルタ酵素を飲むとき、【置き換えダイエットをする】ならどんな飲み方をすればよいのでしょうか。

また、酵素を効率よく健康と美容のために摂りたいだけならどう飲めば良いのでしょう。

効果的で簡単なベルタ酵素の飲み方を、ざっくり見てみましょう。

ベルタ酵素の基本の飲み方はいつ頃、どれくらい飲むのか

単純に、ベルタ酵素の野菜果物野草から抽出された酵素を効率よく体に摂りこみたい場合の飲み方は、食事の約1時間前に飲むことです。飲む量は人によって自由ではありますが、25ml~40mlを目安に飲むと良いようです。

100mlで130キロカロリーはありますので、毎食前に飲むのであれば少量にしておくと良いかもしれません。ベルタ酵素を食前に飲むことで胃腸の中で酵素が消化を助け、効率よく栄養を吸収できます。

また、満腹感が得られるため、食事の食べすぎを防ぐ効果もあります。

ベルタ酵素で置き換えダイエットする場合の飲み方

ベルタ酵素は置き換えダイエットに使えることをを大々的に宣伝しています。そのため、モデルやタレントさんをはじめとして、一般的にもその方法は広がりを見せています。

プチ断食として飲むなら、1日1食、朝か晩のご飯の代わりに60mlを飲みます。1ヶ月に1~2回、丸一日断食する場合は60ml×3回飲み、水も大量に飲むことになります。が、リバウンドリスクも高いため、できればプチ断食に使う飲み方の方が健康的に痩せられます。

人によっては間食の代わりに飲んで効果を実感している方もいらっしゃいますので、どれがベストかは個人の生活習慣によっても変わってきます。

専任カスタマーサポートも受けられますので、計画どおりにダイエットしたいなら、一度電話相談してみると良いでしょう。

ベルタ酵素で楽々美容効果を狙うなら食前に飲もう

ベルタ酵素の飲み方は様々ですが、美容効果をお手軽に感じたいならば、まずは基本の飲み方で様子を見ることをおすすめします。

特に予定が決まっているわけではないのであれば、がっつりダイエットするのは基本的な飲み方を試したあとでも遅くはありません。先に酵素をしっかり体内に摂りこみ、代謝をアップしておいてからプチ断食した方が効率的かもしれませんし、まずはお肌の調子をアップさせてみてはいかがでしょうか。

面倒な手間はなく、ジュース代わりに食前に少量飲むだけですので誰にでも気軽に始められそうです。

ベルタ酵素のNGな飲み方ってある?薬と併用は?

ベルタ酵素ドリンクって、健康的に美しく痩せられるなら試してみたいという人も多いと思います。でも、今は持病があって薬を飲んでいるんだけれど一緒に飲んでも大丈夫?と不安になる方も中にはいらっしゃるでしょう。

買う前に、実際にNGと言われる飲み方はあるの?など疑問を解消しておきましょう。

ベルタ酵素ドリンクは食品と同じ扱い

一般に、例えば風邪薬を飲むときに、この食品を食べるのはやめましょうといった指導をされることはないですよね。

つまり、食べ物を普通量食べると同時に薬を飲むことが原因で、何かの副作用が出るといったことはほぼないとされています。

そして、ベルタ酵素ドリンクは健康食品です。ですので、そういった意味では、ベルタ酵素ドリンクを通常の量飲むことと、一般的な薬を併用することはなんら問題がないということになります。

ベルタ酵素ドリンクと組み合わせがNGな薬は本当にない?

食品だから大丈夫と言われても、やはり気になってしまうこともいくつかあります。

たとえば、薬だってお茶と一緒に飲むと吸収が阻害されるのでNGとか言われていますよね。カフェインと同時にとか、アルコールと同時に摂取するのはあまり良くないとされています。

たとえ副作用が出なかったとしても、せっかくの薬効成分が制限されてしまっては意味がありません。

ベルタ酵素ドリンクには、カフェインもアルコールも入っていないのですが、もしも薬と一緒に摂取してしまった場合には、組み合わせによっては薬の効果を落としてしまったり、逆に酵素の働きを弱められてしまうようなものもあるかもしれません。

だからこそ、持病や慢性疾患があって薬を飲み続けている方や、食事療法を行っている方などは注意が必要なのです。

ベルタ酵素の安全な飲み方は医師と相談しながら

もともと健康的な人がベルタ酵素と風邪薬とを一時期併用するくらいなら問題はありません。ですがもし持病を持たれているようなら、ベルタ酵素ドリンクを飲む前にかかりつけの医師と相談してくださいね。

お互いの良い部分を引き出せるような飲み方になれば良いのですが、中に入っている成分種類が多いだけに、なにかしら作用を抑制してしまわないとも限りません。

長く薬を飲まれている方は特に、念のために医師と相談しながら試してみると良いと思われます。

ベルタ酵素は本当に他の健康食品と組み合わせても大丈夫?飲み合わせは?

ベルタ酵素は飲みやすい酵素ドリンクです。清涼飲料水なので、当然他の食事と一緒に飲んでも問題ないものなのですが、本当になんにでも合わせて大丈夫なのでしょうか

組み合わせで気になる部分を調べてみました。

ベルタ酵素ドリンクは酵素の種類がとにかく多い

ベルタ酵素ドリンクは、天然素材から抽出された発酵酵素がたくさん入っています。その数なんと165種類というのですから驚きです。

これだけ多いと、何かの原材料がアレルギーにひっかかったりしないかも気になってきますよね。と同時に、他の食材やサプリメントとのNG食べ合わせはないのか?とも気になります。

美容成分も入っていますが、こちらは特に食べ合わせとかビタミン類との相性が悪いわけではありません。消化吸収を助けてくれる酵素が多数入っていますので、ひょっとすると他のサプリメントの吸収を良くしてくれる働きもあるかもしれませんね。

ベルタ酵素と他のサプリメントを併用してOKなわけ

何かの食材との食べ合わせにせよ、サプリメントを併用して摂取した場合にせよ、過剰摂取にはならないといいます。それはなぜなのかというと、1回に摂取する量が適正であれば、原因となる栄養素の量は過剰にならないからです。

他の食材との食べ合わせで酵素の働きが多少阻害されたり、吸収が悪くなる可能性は否定できませんが微々たるものです。1回の摂取量目安は、置き換えの場合で45~60mlですので、安心して普通の食事と同じようにいろいろなものと組み合わせて飲むことができます。

ベルタ酵素の組み合わせレシピは増えている

ベルタ酵素ドリンクを飲むとき、本当になんにでも合わせられています。中には、おやつにシロップ代わりにかけている人もいました。そんなふうに飽きがこないように工夫したレシピを公開しているブログなども増えつつあります。

それだけ何に合わせても、特に栄養素が過剰にはなっていないようです。医薬品ではないので危険な組み合わせもないのですが、アレルギーにだけは気を付けつつ、体の調子と相談しながら楽しんで飲むようにしたいですね。